柔道家必読!『柔道ことば18』を編集しました

柔道の哲学が楽しく学べる一冊!

志道館の近藤さんにご依頼いただき、「柔道ことば18」の編集を担当しました。

この本は、柔道の始祖である嘉納治五郎先生の“哲学”を楽しく学べる一冊です。PA220さんの魅力的なイラストにより、柔道の哲学がもっと身近に感じられます。

発行・監修は東京・四谷の「志道館」。志道館は、次世代の日本を担う子どもたちが「志」を持ち、人生という「道」をしなやかに力強く歩んで欲しいという思いから名付けられた文武一道塾です。柔道だけでなく、「人」として生きる上で大事なことを教えてくれる教室です。

テキストの執筆は、館長の坂東真夕子先生。

ご購入はこちらから

制作のお話。

「……柔道経験がありませんが、大丈夫でしょうか?」

志道館の近藤さんから本企画の編集オファーを頂いた際、光栄なお話だと思いつつも、少なからずの不安も感じていました。柔道経験といえば、高校生の時分に授業で学んだ程度です。

お引き受けるかどうか迷っていたとき、志道館の館長である坂東先生がブログでこうおっしゃっているのを拝見しました。

「大人になってから柔道を始めた柔道家が、柔道を楽しく続けていくために『(自分の)成長や上達を感じられること」が必要だと考えています」

編集作業とは、情報を取捨する行為です。

未経験の私が読者にとって有益な構成ができるのかと不安に思いましたが、坂東先生は「未経験者としての視点を取り入れてほしい」とおっしゃってくださり、編集を担当させて頂くこととなりました。

「素人だからこそ気になる点をお伝えしよう」という思いで、構成をご提案しました。

構成について。

坂東さんにご提案したのは、「本文に見出しを追加すること」と「各ページをまとめる言葉(本書では『奥義』としました)を加えること」でした。

本書はA5サイズ、18ページの構成です。各ページでテーマとなる「柔道ことば」を完結させるため、キャッチー見出しを先生に考案して頂きました。本文を読みこむ前に「もっと詳しく知りたい」と期待感を持ってもらいたいと考えました。

各ページに「まとめ」となる短文の格言を追加したのも同じ意図です。A5サイズでは、一目でページの内容をざっくりですが把握できます。「まとめ」があることで、読者は結論を理解した上で本文を読み進められるため、WEB的な読み方(仮説による推測→本文で確認)ができるのではと考えました。

WEB的な読み進め方とは、検索画面に表示されるタイトルで内容の8割を既に把握し、詳細や理由を安心した状態で読め進められる方法です。

ご提案頂いた時点で、原稿と完成イメージが坂東さん・近藤さんでお持ちでしたので、あくまでも追加のエッセンスとしてご提案させていただいた次第です。

参加させていただき、非常に勉強となる一冊となりました。

投稿者プロフィール

セイウチ三郎(編集部)
『OLDNEWS』を発行しています。ウエブ限定のコンテンツも随時更新中です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP