いま、改めて読みたい『バカの壁』

読むたびに新たな発見と洞察をもたらせてくれる。考えることの意味、あるいは生きる意味を学ぶことができます。

人生の意味

何度も読み返したくなる本とは、著者が読者に直接語りかけてくれるような作品です。

養老先生が本書で語る「生きる意味」に深い感銘を受けます。先生は人生を“崖登り”に例えたうえで、カルト宗教に身を委ねる生徒を救う行為も人生の一つの意味であると語ります。

知的労働を「重荷を背負うこと」と見なし、「物を考えることは決して楽ではない」とも述べています。過激な思想を盲信することで正しい「判断」ができなくなると警告しています。

先生がなぜ教育者として教壇に立っていたのかがよくわかります。

生きる意味

「生きる意味」とは何か。これは私にとっても重要な問いです。

『OLDNEWS Vol.01』では、さまざまな方々に「生きる意味」を問いかけ、その答えをまとめました。大坊珈琲の大坊勝次さんは、「自分はどうなんだろう?」とご自身を客観的に捉えることが大事だと語ってくれました。

大坊さんにとって生きる意味とは、自問自答すること。何かを見てどう感じるのか、生きることは判断をし続けることだと感じました。

ただ、何かのときに「じゃあ、あなたはどうなの?」って言われたような気がしたときに、自分はどうなんだろう?と考えることが大事だと思います。

OLDNEWS Vol.01

画像:『OLDNEWS Vol.01』

「バカの壁」のあらすじ

2003年に流行語大賞を獲得し、「社会現象」となった本書。冒頭では「分かったつもり」になる危険性を説きます。

養老先生が大学で出産に関するドキュメンタリーを学生たちに見せたところ、女子生徒には多くの発見があり、男子生徒は保険の授業で学んだ以上のことはないと感じたようです。これは、女子生徒が個人的な出来事として捉え、新しい視点を得たのに対し、男子生徒は既存の情報としてしか見なかったためです。

養老先生は「前提」が情報を遮断する危険性を説きます。つまりは本質を理解できていないのに「分かったつもり」になっている状態、これは「バカの壁」のひとつで、脳が正しい判断を難しくさせます。

本書では、多くの実例を通じて「『わかる』とは何か」「情報とは何か」ということも学べます。

愛とは何か

愛とはなんですか

この質問に対して、養老先生はどのように答えてくださるのでしょうか。自己愛が肥大化した現代における「愛」とは。あるいは愛は時代と共に変化してきたのでしょうか。

愛という漢字は、「(後ろを)振り返ろうとする心情」を表しているそうです。それは後ろ向きなニュアンスではなく、常に気にかけているという心持ちなのではないでしょうか。

理想的な愛し方ではなく、愛と向き合う姿勢についてぜひ伺ってみたいです。

投稿者プロフィール

セイウチ三郎(編集部)
『OLDNEWS』を発行しています。ウエブ限定のコンテンツも随時更新中です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP